現役フリーランスエンジニアが運営するテックメディア。日々の業務で得た知識を発信していきます!

  1. フロントエンド
  2. 1117 view

React Native入門〜Expoを使ってお手軽開発

最終更新日:2018/06/27

React Nativeとは

javascriptとReactを使ってiOSとAndroidのネイティブアプリが両方作れてしまう優れもの。今回はExpoというツールを使ってReact Nativeをサクッと導入する方法を紹介します!

Node.jsのインストール

まずはNode.jsがインストール済かチェックします。

node -v

入っていなければNode.jsから入れてください。

create-react-native-appのインストール

npm i -g create-react-native-app

Expo clientのインストール

実機にExpo clientをインストールします。iPhoneの方はAppStore、Androidの方はgoogle playよりインストールしてください!

Expo XDEのインストール(必須ではない)

Expo XDEから自分の環境にあった物をダウンロード。
windowsなら.exe、macなら.dmgをダウンロード&インストールしましょう。

プロジェクトの作成

create-react-native-app my-app
cd my-app

npm start

上のような画像が出てきたら成功です!
iPhoneの方はsをAndroidの方はQRコードを読み取ってください!

これでReact Nativeの導入は完了です!お疲れ様でした〜。

The following two tabs change content below.
riri

riri

WINDII(ウィンディ)は、フリーランスエンジニアが運営するテックメディアです。 日々の業務で得た知見を、皆さんに役立つコンテンツにして発信していくので応援よろしくお願いします! また、Slackで無料コミュニティも運営しています。たくさんのエンジニアが参加していて、プログラミングの相談や雑談などをしている楽しいコミュニティなので、興味ある方はぜひお気軽にご参加ください。 Slackコミュニティはこちらから

フロントエンドの最近記事

  1. IOSアプリをAppStoreに公開する手順書(Ionic)

  2. IonicAcademyでIonic&Angularでのアプリ開発を学ぶ

  3. Ionic4+firebaseで認証をする方法【ログイン、ログアウト機能の実装】

  4. ハイブリッドアプリ開発チュートリアル【Ionic4+OnsenUI】

  5. Ionic4+Angular Materialの始め方【Ionic事前調査兵団】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP