現役フリーランスエンジニアが運営するテックメディア。日々の業務で得た知識を発信していきます!

  1. フロントエンド
  2. 103 view

IonicAcademyでIonic&Angularでのアプリ開発を学ぶ

最終更新日:2019/10/19

はい。ぞえです。
最近アプリの個人開発に興味があり、先月よりIonicAcademyというアプリ開発が学べるサイトに登録しているのでそちらの紹介をしようと思います。

月額料金は25ドルで全てのコースを受けることができます。

勉強方法

勉強方法はログインして主にRoadmapに従って学習していきます。

カリキュラムはこんな感じ

Basics

  • GettinStartedWith Ionic4
  • Layouts
  • Building a FinanceApp
  • Navigation Extras
  • Real World Apps

Features

  • Native Cordova Functionalities
  • Storing Data
  • Working with Images
  • Good to know packages
  • Animations
  • Custom Components

BackEnd&Services

  • Integrating a PUBLIC API
  • DIY School APP
  • Working with Firebase USER Roles
  • Firebase Cloud Functions&Push
  • OneSignal Push Notifications
  • Build your own API with Node.js
  • WordPress Integration

Release

  • Releaseing to Native App Stores
  • Building a Progressive WebApp(PWA)

Baicsで基礎を学んで、Featuresで少しレベルの高い内容、BackEnd&Servicesでfirebaseなどを用いたpush通知などをまなぶという感じですね。

そして、まず最初のミッションがBasicsのgetting startedです。
このgettingstartedではIonicでのアプリ開発の基礎を学びます。

Welcome to Ionic 4

この他にも、単発記事。例えば無限スクロールはどうするのかなど役に立つ記事が随時更新されます

などなど、IonicAcademyは控えめにいってもコスパがよくアプリ開発を学べるサイトなので、興味がある人はもしよければ登録してみてください!

IonicAcademy

ここからは実際に学んだことや学べることを学習に合わせてメモして行くので、実際にIonicAcademyで学ん

basics Building a Personal Finances App

ファイナンスアプリケーションの作成 構成

Creating an Intro Screen

学べること

ion-slideの使い方
ion-slides

Application Variables ionicのcss
高度なカスタマイズ

Improving the Intro with Guard & Ionic Storage

学べること
アプリのロジックにガードを追加して、機能紹介ページ(intropage)を一度だけ表示できるようになる。

流れ。
saveAndStartボタンをクリック
storageにseen-introとseen-currencyがセットされる。
router.navigateByUrlでページ遷移

routing app.routing.module.tsでガードをセット
http://localhost:8100/introの場合は、イントロになるが、
http://localhost:8100/でintro-seenがある場合はhttp://localhost:8100/menuに飛ばす。
guardは、intro.guard.tsに記載。

application IndexedDB _ionicstorage _ionickvで確認

ionic Storage

Angularだけど。
router

CanActivate
ルートをアクティブ化できるかどうかを決定するガードとしてクラスが実装できるインターフェイス。すべてのガードがtrueを返す場合、ナビゲーションは続行されます。ガードがfalseを返した場合、ナビゲーションはキャンセルされます。
ActivatedRouteSnapshot
特定の瞬間にコンセントにロードされたコンポーネントに関連付けられたルートに関する情報が含まれます。 ActivatedRouteSnapshotを使用して、ルーター状態ツリーを走査することもできます。

RouterStateSnapshot
特定の時点でのルーターのステート

Setting up the Side Menu

学べること
Ionicアプリでのサイドメニューの追加方法(ion-menuの使い方)
ion-menu

Creating our Service Functions

学んだこと

TypeScript

Enums
interface
toastcontroller
ion-toast

Presenting a List of Transactions

cashServiceをDIして、loadTransactionsを作ってTransactions = []にぶち込む
あとは普通にngFor

Deleting Transactions & Cumulated Cash Flow

removaTransactions indexを削除してcashServiceのupadateTransactionsを利用
そして、async awaitでitemの表示を消す
cashflowのcaluculateロジックを実装

Building our Settings Page

特になし

Filtering Categories with Popover

popoverctrl

CLIでfilterpopoverページを追加
app.module.tsにpopoverpageをimport

ondidDismissでfilter.

iosとandroidアプリとして出してみる

ロジック部分はめんどくさいので、yen and 日本語化 イントロページだけを書き変えてデプロイ

Navigations

Passing Data to Ionic Modals, Pages & Popover [v4]

モーダル、ページ、ポップオーバーデータ受け渡し。

modal popoverはroutingを使用しない

navigateForward
ModalController componentProps
PopoverControlle モーダル風にcomponentPropsforのあたいも受け渡す

[routerLink]=”[‘/second’, value]”

async openModal() {
    const modal = await this.modalController.create({
      component: ModalPage,
      componentProps: {
        custom_id: this.value
      }
    });
    await modal.present();
  }

  async openPopover(ev: Event) {
    const popover = await this.popoverController.create({
      component: PopoverPage,
      event: ev,
      componentProps: {
        custom_id: this.value
      }
    });
    await popover.present();
  }

How to use Ionic Route Guards and Resolver [v4]

ガードとresolverについて

routingでguardとresolverを適用

{ 
    path: 'home/:id',
    resolve: {
      pokemon: DummyResolveService
    },
    canActivate: [DummyGuardService],
    loadChildren: './details/details.module#DetailsPageModule'
  },

canActivateを利用してbooleanのtrueかfalse

DummyResolveService
pokemonAPIが数字で叩けるからできる

let id = route.paramMap.get('id');

    let loading: HTMLIonLoadingElement;

    this.loadingController.create({
      message: 'Please hold the line..'
    }).then(res => {
      loading = res;
      loading.present();
    });

    return this.http.get(`https://pokeapi.co/api/v2/pokemon/${id}/`)
    .pipe(
      tap(() => {
        this.loadingController.dismiss();
      })
    );
  }

LoadingController

Designing Real World Apps [v4]

About the Designing Apps Course

アプリの概要説明
ログイン プロフィール news segment slide colorswitch logout 等を利用する

Getting Dummy Data & Assets

ダミーデータを利用するために以下の2つのAPIを利用する
https://randomuser.me/
https://newsapi.org/

api叩いてるだけのサービスdata.service.tsを実装

Creating an Intro for your App

まずはguard+canActivateのコンボ
app-module.tsでIonicStorageModule.forRoot()をimportという儀式
storageにhasSeenがない場合のみtutorialに進む

@Injectable({
providedIn: ‘root’
})
root’ の場合はモジュールへの登録不要で Dependency Injection できます。

エラーExpected 2 arguments, but got 1.
Angular8より
@ViewChild(QuilldEditorComponent, {static: true}) quillEditorComponentInstance;
静的かどうかを宣言する必要性ができた。

Building a Login Screen with Font Awesome Icons

特になし。
importしてfont-awesome+css

あえていうならばimportがfortawesomeで何やそりゃ!

import { FontAwesomeModule } from ‘@fortawesome/angular-fontawesome’;

Creating Custom Block Items

異常に凝ったcss
一般的なangularの機能なので割愛

Adding Story like Slides

apiで叩いてきたランダムユーザーをslidesで表示。
slidesのオプションを記載して利用

slidesOpts = {
slidesPerView:4.5,
freeMode:true
}

Using Ionic Segments & List Items

ion-segmentの使い方
https://ionicframework.com/docs/api/segment

初期select selected = ‘sports’;
ngOninitでまずはデータを取ってくる。

(ionChange)=”segmentChanged($event)” [(ngModel)]=”selected”でselectedが変更されたら、またデータをとりなおす

Passing Data with Navigation Extras

newsでまずは、(click)=”open(n)”

n=ニュースディティール

open(n) {
let navigationExtras: NavigationExtras = {
state: {
news: n
}
};
this.router.navigate([‘app/news/details’], navigationExtras);
}

https://alligator.io/angular/query-parameters/

this.router.getCurrentNavigation().extras.stateでnewsに情報を入れる

state

Developer-defined state that can be passed to any navigation. Access this value through the Navigation.extras object returned from router.getCurrentNavigation() while a navigation is executing.
After a navigation completes, the router writes an object containing this value together with a navigationId to history.state. The value is written when location.go() or location.replaceState() is called before activating this route.
Note that history.state does not pass an object equality test because the router adds the navigationId on each navigation.

Creating a Profile Page

特になし。
ダミーデータ入れてCSS整えて表示してるだけ

Adding a Parallax Header Effect

Parallax興味ないよ〜
Adding a Side Menu to Your App
BONUS: Creating a Dark Mode Switch

サイドメニューは前やった&テーマの切り替え興味なし。
ということでこの章はdone

Native Cordova Functionalities

ネイティブ機能の勉強
あれらしい、web上では機能しない。当たり前
からリアルのデバイスで確認する必要性がある。

How to Display Ionic 4 Local Notifications (Schedule, Payload & Callback)

ionic cordova plugin add cordova-plugin-local-notification
npm install @ionic-native/local-notifications
trigger: { in: 5, unit: ELocalNotificationTriggerUnit.SECOND },

How to Create Basic Ionic Storage CRUD Operations

一般的なstorageを利用してcrudを実装する方法

The following two tabs change content below.
WINDII

WINDII

WINDII(ウィンディ)は、フリーランスエンジニアが運営するテックメディアです。 日々の業務で得た知見を、皆さんに役立つコンテンツにして発信していくので応援よろしくお願いします! また、Slackで無料コミュニティも運営しています。たくさんのエンジニアが参加していて、プログラミングの相談や雑談などをしている楽しいコミュニティなので、興味ある方はぜひお気軽にご参加ください。 Slackコミュニティはこちらから

フロントエンドの最近記事

  1. IOSアプリをAppStoreに公開する手順書(Ionic)

  2. IonicAcademyでIonic&Angularでのアプリ開発を学ぶ

  3. Ionic4+firebaseで認証をする方法【ログイン、ログアウト機能の実装】

  4. ハイブリッドアプリ開発チュートリアル【Ionic4+OnsenUI】

  5. Ionic4+Angular Materialの始め方【Ionic事前調査兵団】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP